◆OUR STROY


誰もが誰かの役に立つことができます。

支援する人達と支援される人達は互いに助け合う関係になれます。

 

インターネット上にある小さな扉を開けば新しい世界が広がっています。

 

小さな扉を開けば沢山の人達と繋がることができます。

 

“Little Door(リトルドア)”という名前に込めたのはそんな想いです。

 

扉をノックしてみてください。

そして、一歩踏み出してください。

毎日の風景が少し変わって見えてくると思います。

◆OUR MISSION


病気の子どもとその家族を支援すること。

 

そして、資格、規則、制度、人間関係によって制限されず、誰もが楽しく、気軽に参加

できる社会活動を創り、広めることです。

 

自分の持っている資源(お金、時間、手間)を、少しだけおすそ分けすることで参加

できる活動です。

◆OUR ACTIVITIES


おたまじゃくしトラベル

病気の子どもとその家族に対する社会的関心を高め、支援の輪を広げるために始めた活動です。

”おたまじゃくし”は、デイケアサービスを利用しているおばあちゃん達が子ども達のために編んでいます。

レモンドロップス

レモンドロップスは難病の子どもを持つ家族が中心になって、2015年にスタートした活動です。国産のレモンを使った募金活動を行い、子ども支援の非営利団体に寄付しています。


ホスピタル フットボール クラブ

病院にいる子ども達とフィールドを繋いで、アメリカンフットボールをベースにしたフラッグフットボールを一緒にプレイする活動です。

 

リトルスター

入院中の子どもと家族の写真を撮影しプレゼントする活動です。若い女性カメラマンとの出会いで実現した企画です。

 

まちかど文庫

地下鉄の駅の上にあるコンビニの片隅に小さな文庫を作りました。駅の近くには子ども達がたくさん入院する大きな病院。お母さんやお父さん、きょうだいさんが一息する場所になりますように。

ハッピースープ パーティー

スープが交流の場をつくり人と人をつなぎます。知識と体験を共有し、新しいネットワークとコミュニティが生まれます。

 

まんがサンタ

「入院中に誰かが側にいてくれるだけで救われた」という子どもの一言から生まれた活動。漫画をベッドの側で一緒に読むだけの活動です。

 

人様のお子さんを抱っこして勝手に幸せになる会

子どもはどの子も大切。みんなで大事に育てましょう。そんな気持ちに少しでもなれば、子どもに関する問題は少し解決するかも。そして少子化も少しは改善されるかも。